PPとPEの違い

PPとPEの違い

PPテープの特徴は、一般的に価格の安さが知られていますが、繊維の性質として、

 水分を吸収しないので水生汚れが付着しにくく、耐カビ、耐菌性にも優れています。

 又、他の繊維に比べ、耐薬品性、制電性にも優れています。

PEは軟らかい樹脂、PPは硬い樹脂と言えます。

PPの方が若干熱に強い。

(6)PPは耐候性がPEよりかなり低い。

従い、農作業、屋外使用の場合は、PEを選んでください。

矢印結束テープ、梱包ロープの選び方&用途

結束テープ、梱包ロープ 通販サイト

PEには低密度ポリエチレン(LDPE)(高圧法)、直鎖状低密度ポリエチレン(LLDPE)

高密度ポリエチレン(HDPE)(低圧法)、超高分子量ポリエチレン(UHMW-PE)、架橋ポリエチレンなどがあり、

それぞれ性質が異なります。PPも厳密に言えば幾つか種類があります。

 共通点

(1)どとらも炭素と水素からなる高分子。(石油化学製品)

 (2)熱で溶融し、成形できる。(熱可塑性/射出成形可能)

(3)耐熱性は高くない。

(4)良く燃える。(自燃性/指定可燃物)

 (5)比重が水より小さい。(水に浮く)

 (6)絶縁体である。(電気絶縁に使われる)

 (7)誘電率が低い。(高周波材料に使われる、電子レンジで発熱しない)

 (8)吸水率は低い。(0.01%以下)

 (9)無色である。

(10)無味、無臭、無毒である。

(11)用途が似ているもの:容器、包装材料、フィルム、ラミネート、電線被覆、同軸ケーブル、発泡体、多孔膜 

 相違点

(1)融点はPPが高い。(LDPE;105115℃、LLDPE;117127℃、HDPE;125℃〜、 PP;150-170)

 (2)熱変形温度[,18.6kg/cm2] PPが高い。(LDPE;30-40℃、HDPE;40-50℃、PP;60-65)  

(3)常用温度はPPが高い。(LDPE;65-75℃、HDPE;85℃〜、架橋PE;90℃、 PP;110-120)

  (電気的連続使用温度:PE;50℃、PP;65)

 PEは水の沸騰温度(100)に絶えないが、PPは耐えるので電子レンジに使える。

(4)PPは硬く、PEは軟らかい。

(5)PPは完全な光沢性の無色透明フィルムができるが、PEは白濁したものしかない。

(6)PPは耐候性がPEよりかなり低い。酸素、塩素やオゾンなどにより酸化されやすく、

紫外線劣化が問題となることがある。(添加剤がより必要)

 (7)特有な用途:(厳密ではありません)

 PE;軟質フィルムやシート、水道管、ガス管、

  PP;繊維、不織布、硬質シート、硬質部品、粘着テープ(二軸延伸フィルム;OPP)、硬質発泡体   

結束テープ、梱包ロープ 通販サイト

矢印ロープ類、テープ類一覧へ戻る

ライン

ポリカ波板 熱線カット波板 ポリカ平板 波板ビス、フックボルト コンテナバック メッシュパレット 株式会社 吉川商工
ケミカルアンカー サンコーテクノ商品 オールアンカー ユニカ製品 アジャストボルト ハンマーキャスター
ステンレス金具 ステンレス寸切り SUS六角ボルト類 ステンレスワイヤー SUSコーティングワイヤー ワイヤー端末加工 電話 0265-22-4750
アルミ管締め具 ワイヤーロープ類 玉掛けワイヤー ロック止めワイヤー ビニール被覆ワイヤー ワイヤーモッコ
アルインコ ブルーシート 別注製作シート ゴミ分別袋、土のう袋 木造住宅金物 床束、鋼製束 FAX 0265-52-5640
キソパッキン NSP鋼製型枠 丸セパ 型枠資材 鉄骨副資材 瓦用ステンレスビス
ロープ止め、メガネ釘 アンカーピン ゴム製溝蓋 リフト滑り止めカバー 薪用金輪 野菜コンテナ Eメールでのご注文・お見積もり
ザバーン防草シート 電気柵 タンバックル シャックル 各種吊り具 チェーンスリング
ローバル ポップリベット レジトン砥石 デッキビス、特殊ビス スリングベルト ロックスリング
単管パイプジョイント シーリング材 ピアスドリルビス ジャックポイント 小ネジ、ビス類 銘板 お取引のご案内
ネット網 国産ブルーシート メッシュシート 防炎シート シート類各種 土間シート
現場養生材 路上工事看板 カラーコーン 樹脂ベンチ、木製ベンチ 安全ミラー ゴミ収納箱 注文用FAX用紙
ラッカースプレー 使い捨て作業服 マルチアイボルト 矢印板 プリズム看板 コニシボンド
キッチンパネル ゆるみ止めナット Uボルト カラーロープ 型枠剥離剤 アイボルト、アイナット 見積用FAX用紙

吉川商工

Copyright(c)YOSHIKAWA SYOKO|PPとPEの違い|All Right Reserved .