布基礎一体打ち工法 組立手順例

ここに紹介した組み立て手順は、あくまで一例です。

資料請求、お見積もり



1.
砕石を転圧し、レベルを
出します

2.レベルが出ない場合は、砂又は空練りモルタルでレベル調整



3.
M型鉄筋ベースをコーナー部及び直線部に設置します



4.
M型鉄筋ベースの上に鉄筋を配置


5.
スリーブをセットします


6.組付け立ち上がり型枠をM型鉄筋ベースの上に順次組み付けて行きます

7.吊巾止金具を約900mm間隔にセット。両サイドの爪を折り曲げます


8.
外コーナー部の組み付け。樹脂スペーサーを約1m間隔でベース鉄筋に取り付けます。



9.
コーナー部より鉄ベース枠を樹脂スペーサーに差込んでセット。



10.
もう一方の外コーナーの端は100mmほど交差させるように鉄ベース枠をセットします。



11.
コーナー両端に鉄ベース枠支持棒をクイ打ちします。

12.内コーナー部の組み付け。鉄ベース枠300内コーナーと鉄ベース枠とを125mmほど重ね樹脂スペーサーをセットし、重なった鉄ベース枠の穴に支持棒をクイ打ちします。

13.両サイト゛2ヶ所の穴に鉄ベース枠支持棒を入れる。

14.鉄ベース枠の継ぎ部は125mmほど重ね、穴の位置を合せ樹脂スペーサーをセット。支持棒で固定します。



15.
間仕切りの狭い箇所では300内コーナーに樹脂スペーサーを使用。

16.鉄ベース枠支持棒をセットします。



17.ベース部分に隙間がある場合には多少埋め戻しをします。



18.サポーターは施工に合わせて使い分けます。

19.打設ベース部分のコンクリート打設と立ち上がり部のコンクリート打設は、多少時間をおいて2周打ちします。



20.
ベース部はコテ押さえをします。

21.脱枠解体鉄ベース枠の脱枠は、まず外コーナーの支持棒を抜き順次外していきます。

22.樹脂スペーサーハベース部に沿って左右に折り曲げます。
脱枠します。

23.鉄ベース枠を取り外した際にケレンし、メタルフォーム油を塗ってきます。

24.完成整地を行いベース立ち上がり一体打ち基礎の完成。

ご注文は、FAXまたは、Eメールでお願いします。注文用FAX用紙

ポリカ波板 熱線カット波板 ポリカ平板 波板ビス、フックボルト コンテナバック メッシュパレット 株式会社 吉川商工
ケミカルアンカー オールアンカー アジャストボルト ハンマーキャスター ステンレス金物 ステンレス寸切り 電話 0265-22-4750
ステンレスワイヤー ワイヤーロープ類 玉掛けワイヤー ロック止めワイヤー ビニール被覆ワイヤー ワイヤーモッコ FAX 0265-52-5640
スリングベルト ロックスリング ブルーシート 別注製作シート メッシュシート 防炎シート
土間シート シート類各種 ゴミ分別袋、土のう袋 現場養生材 NSP鋼製型枠 木造住宅金物
床束、鋼製束 キソパッキン 樹脂ベンチ、木製ベンチ ゴミ収納箱 ゴム製溝蓋 リフト滑り止めカバー お取引のご案内
安全ミラー ラッカースプレー 使い捨て作業服 反射ベスト、安全ベスト トラロープ、標識ロープ ロープ止め
ドリルビス 小ネジ、ビス類 アイボルト、アイナット 瓦用ステンレスビス ステンコーススレッド タンバックル 注文用FAX用紙
アングルピース 丸セパ Pコン、軸足 型枠剥離剤 単管パイプジョイント 薪用金輪
アンカーピン カラーコーン 路上工事看板 矢印板 農業資材 野菜コンテナ 見積用FAX用紙
育苗箱 タキロン園芸資材 アルミ脚立 アルミはしご アルミ三脚 アルミ作業台
アルミハウスカー シーリング材 アスベスト収集袋 足場吊りチェーン ネット受け金具 金属加工品 リンク集