ケミカルアンカー施工方法 吉川商工

ケミカルアンカー施工 方法

ケミカルアンカーは、タイプにより使用するボルトが異なります。

使用ボルトを確認の上、ご利用ください。

 

ケミカルアンカー使用ボルト及び施工手順

ボルト径に応じたケミカルアンカーのドリル径を選定し、ハンマードリル等でコンクリートに穴を空けます。

間違ったドリル径で穴を空けますと適切な強度が得られません。また、穴の深さにもご注意ください。

次に、穴の中をブロアーやブラシ等で掃除し、カプセルを埋め込みます。ハンマードリル等にボルトをセットし、

打撃、攪半しながらボルトを挿入します。硬化時間を確認の上、ナットで躯体を取りつけてください。

ケミカルアンカーの硬化時間は、タイプや、夏冬の外気温度によりかなり異なりますので、カタログ等で必ず

確認してください。使用出来るボルトは、寸切りボルト、異形棒鋼などになります。攪半タイプのケミカルアンカーを

使用する場合は、先端を45°にカットした、ケミカル用寸切り等を使い、打込み式のアンカーを使用する場合は、

先端は斜めカットする必要は有りません。攪半タイプのケミカルアンカーは、旭化成のHPアンカーAPアンカー等と

日本デコラックスのRタイプなどがあります。また、旭化成のカートリッジタイプEA−500.EX−400と

日本デコラックスのEL−350は、2液混合のガン注入タイプで、穴径や深さにとらわれず使用出来る

商品になります。特に、設置個所が多い場合や、側面、天井打ち等、威力を発揮します。

■ 水中施工の場合は、旭化成のHPアンカー、APアンカー、RG−Fアンカー

または、日本デコラックスのRNタイプ、RVタイプ、RMタイプHタイプになります。

ケミカルアンカー施工方法

撹拌タイプ ケミカルアンカー攪半タイプ使用ボルト
Rタイプ
HPアンカー
APアンカー
RG−F
ケミカルアンカー攪半タイプ施工法
打込み式 ケミカルアンカー打ち込み式使用ボルト
PGタイプ
MUアンカー
ケミカルアンカー打ち込み式施工法
2液混合
カートリッジタイプ
ケミカルアンカーカートリッジタイプ使用ボルト
EL−350
EA−500
EX−350
ケミカルアンカーカートリッジタイプ施工法

 

株式会社 吉川商工
電話 0265-22-4750
FAX 0265-52-5640
ケミカルアンカーのご注文
お取引のご案内
注文用FAX用紙
見積用FAX用紙

 

吉川商工

 

Copyright(c)YOSHIKAWA SYOKO|ケミカルアンカー施工方法|All Right Reserved .