ブルーシートQ&A ブルーシートについて

ブルーシートQ&A

1.ブルーシートの選び方 

ブルーシートの表示には、#1000とか#3000とありますが、これは解りやすく言えば厚みのことです。

もっと解りやすく言うと#1000〜#1300(厚さ0.12mm前後)は、ブルーシートで最も薄い商品です。

良く、ホームセンターなどで特売しているものと思ってください。用途としては、使い捨ての利用や短期養生に使われます。

#3000(厚さ0.25mm前後)表記のものが、一般的には、一番厚く丈夫な商品になります。

少し長い養生に使わりたり、繰り返しの使用に用いられます。

#2000(厚さ0.15mm前後)は、ブルーシートの中間商品になります。

現在、ブルーシートは、ほとんどが輸入品になりました。国内品は、品質等に安心感が有りますが

価格において輸入品に比べ高い為、このような状況になっています。

ブルーシートで幅が1.8m以上のものは、多くの場合、輸入品では1.8m幅の原反を繋ぎ合わせて(溶着)製造していますが

3.6m幅でも繋ぎ無しのブルーシートが国産品にあります。

2.ブルーシートの耐久性

ブルーシートは、ポリエチレンで作られています。耐久性はあまり良くなくおよそ3ヶ月から1年くらいです。

使用環境にもよりますが、屋外で使用された場合2〜3年も持ちません。

これは、ブルーシートにはUV材が添加されていないので、紫外線劣化が生じるためです。

屋外で長期使用が目的の場合には、UVシートをお選びください。

UVシートの場合は、屋外使用でも3年以上の耐久性があります。

また、国産品では、1年シート、3年シート、5年シート、10年シート等、使用年数に応じて選べるとても耐候性に優れた

シートもありますので、ご相談ください。

3.ブルーシートの用途

ブルーシートは、安価のため様々な用途があります。

建築現場などの簡易養生、イベント会場の養生、災害時の養生、土木現場での資材養生、学校などのグランドの雨対策

輸出荷物の養生、温水プールの冬場の保温など数えたらきりが有りません。

4.ブルーシートの色

ブルーシートは、青色のためブルーシートと呼ばれていますが、同じ素材で他の色もあります。

たとえばホワイト、オレンジ、ナチュラル、ODグリーンなどです。これらの色は、流通量が少ないためサイズなどが

限られたり、価格の面で少し割高になる場合がありますが、ブルーで無い方が良いという現場もありますので

ご希望の方は、当社にお問合せください。

ブルーシート戻る

株式会社 吉川商工
電話 0265-22-4750
FAX 0265-52-5640
お取引のご案内
注文用FAX用紙
見積用FAX用紙

吉川商工

Copyright(c)YOSHIKAWA SYOKO|ブルーシートQ&A、ブルーシートについて|All Right Reserved .